女性の働きやすい職場づくりをめざして



育児休業の制度はあっても、妊娠・出産をきっかけに職場を離れる女性はたくさんいます。
家庭に入る、職場復帰する等、女性の選択肢が増えた時代ではありますが
本人が出産前と同じ職場に同じ条件で復帰するというのはなかなか難しいのが現状です。

国が女性の社会進出を促す政策をすすめており
出産後も仕事を続けたい(続けて欲しい)と希望するする人の割合は
最近の意識調査でも男女共に8割を超えています。
にもかかわらず、働く女性の状況は相変わらず厳しいままです。


よつばメンテナンスでは女性の働きやすい職場づくりを目指しています。
母親の立場、会社側の立場どちらの言い分も経験上、痛いほどわかります。
この経験を生かしつつ、実情に沿った体制づくりをしていきたいと考えています。


育児を両立させるために


有給休暇の有効活用

育休および育児休業給付取得
 育休復帰後の短時間労働制導入



よつばメンテナンス行動計画
平成28年度より計画を開始しています。現在よつばメンテナンスでは
点検部、営業課、事務課それぞれの部署において女性が活躍しています。
女性が、無理せず・長く・安心して勤められる、そんな会社を目指します。




ハラスメントは許しません
個人の能力をきちんと発揮できる就業環境を作るために
ハラスメントについての定義と社内の対応を明示致します。









RETURN TO TOP













kyouiku.htmlへのリンク